弛緩性便秘とは?

弛緩性便秘で悩みを抱えている方は沢山いらっしゃいます。
日本人の便秘の中で最も多いのが「弛緩性便秘」だからです。
日本人は弛緩性便秘になり易い体質であるとも言えますので、日頃から弛緩性便秘にならないように注意していくようにしましょう。


自分が弛緩性便秘であるということを自覚するのは簡単ではありません。
ただの便秘だと思って放置してしまう人が多く、慢性化してしまう人も多いのです。
弛緩性便秘は特に慢性化し易い便秘になりますので早いうちに解決するのが望ましいです。
弛緩性便秘の症状は人によって異なりますが、黒っぽいコロコロした便が出る、肌が荒れる、お腹が張ってしまうなどの症状が出ます。
もしもこれらの症状を感じられるのであれば、真っ先に弛緩性便秘であることを疑って行く必要があるでしょう。


そもそもこの弛緩性便秘の原因というのは、筋力の低下にあるのです。
弛緩性便秘になり易い人の特徴は運動不足、妊娠、産後直ぐの女性、高齢者などが挙げられます。
これらの人に共通しているのは腹筋の筋力低下です。
腹筋の筋力が低下してしまうと、便秘になるというのは聞いたことがある人も多いでしょう。
腹筋の筋力が低下してしまうことが原因で、腸内の蠕動運動の機能が低下してしまいます。


弛緩性便秘を改善していきたいと考えている人は、何よりも先ず運動を取り入れることを意識していきましょう。
運動を取り入れることによって、筋力アップを図ります。
もちろんそれだけではなく、食事の改善など基本的な便秘の解決方法なども取り入れると効果的です。

Copyright © 2014 弛緩性便秘って何? All Rights Reserved.